1. ホーム
  2. 知っておいてもらいたいこと
  3. ≫淋病に罹ったと思ったら何科を受診すべきなのかくらいは確実に知っておきましょう

淋病に罹ったと思ったら何科を受診すべきなのかくらいは確実に知っておきましょう

性病に罹った場合、何科を受診すればよいのでしょうか。もちろん大きな病院であれば性病科があるかもしれません。とはいえ近くにどんなクリニックがありますか。

ソフトカプセルのオクする

まずは症状から考えて診療科を探してみましょう。男性の淋病は、ペニスに痛みがあったり排尿口から膿が流れ出ます。明らかに泌尿器科へ行くべきです。

もちろん女性でも排尿痛があれば、泌尿器科で診察してもらいましょう。性病科が近くになければ泌尿器科がベストな選択です。

女性がいきなり泌尿器科へ行くのはハードルが高そうです。ならば産婦人科でも性病に関する診察や治療をしてくれます。将来赤ちゃんが欲しいなら、併せて子宮や膣などの検査もしてもらいましょう。

もちろん妊娠中なら急ぎましょう。淋病による咽頭炎など喉の病気が増えています。つまりオーラルセックスの結果です。風俗店で働く女の子に多いと言われています。

この場合は耳鼻咽喉科も選択肢のひとつです。逆に喉の痛みから性病が発覚する事例も少なくありません。古くから開業している皮膚科クリニックでは泌尿器科が併設されています。

つまり昭和における皮膚病とは、ほぼイコール性病だったからです。そのため多くの皮膚科では性病の治療をしてくれます。他の病気も同時に検査してもらいましょう。

それでも医療機関の敷居が高いと感じたら、今なら通販で購入できる検査キットがあります。確実に罹っている可能性がある場合のみならず、結婚前にお互いがチェックしあうという意味でも便利です。信頼性は侮れません。

淋病で死ぬことはないでしょうが、治療が遅れると不妊の原因にもなります。若気の至りではありますが、一生後悔しないためにも勇気を出しましょう。その際にはパートナーと一緒に行くことが大切です。